CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS
BlogPeople
BlogPeople
Search this site


ワールドワイドに垂れ流す内向き備忘録。
<< さくら2012ビバレッジカード | TOP | ルビーのような林檎 >>
がんばっていきまっしょい

本放送でドハマりして号泣しながら観ていたのを思い出し、観返してみることに。

ドハマりした過去のおかげか、条件反射で泣けるようになっていた。
杏ちゃん(娘)と漣さん(父)の不仲ぶりを見ただけで軽く泣ける。※この時点でまだ1話

まぁ一度しっかり観ているので、途中の話はしれっと観られたんだけども
9話と最終話の感動は相変わらずハンパなかった。
(`;ω;´)
青春っていいなーーーー!!
なんかよくわからんけど、私も頑張ろう!!という気分に!
なんかとりあえず頑張るよーー!

最終話の幼馴染の告白シーン。
久しぶりに観たので思った以上にときめいた(笑)
一話から好意バレバレだったしベッタベタな告白フラグなのは視聴者的に
わかってるんだけど、わかってるんだけど。
急に呼び捨てとかかっこよすぎやブー!(ブーいうな)
あと、告白された時の悦っちゃんのビックリ具合が超絶可愛くて好きです。抱きしめたい!
可愛い担当が他に2名ほどいたおかげで悦っちゃんの可愛らしさなんて霞みまくってたのに
(※あくまで個人の感覚です)最後の最後で可愛らしさ全開とか反則にも程があるよね。


鈴木杏さんの泣きの演技と、
相武紗季さんのどうしようもない可愛らしさと、
錦戸亮さんの幼馴染の男子高校生ぶりがとりあえずツボ。
本放送の時から数年経ってもこの3点は不変だった。

当時は役者交代騒動に気を取られていて冷静に観られてなかったけど、
なんか妙にムカつく中田三郎も良い味出してるなぁ〜としみじみ。
BEFOREのサブちゃんはそれほどムカつく感じでもないから、
きっとAFTERのサブちゃんの中の人の味なんだと思う(笑)


一度に2,3話立て続けで観ると、数日で観終わってしまうペース。
当然、ドラマで観た時よりもあっという間に最終話=高校3年生まで行ってしまって
話の展開が速いこと速いこと!
まとめて観られるのが録画の良い所だけど、そのかわり余韻も何もないっていう。
ドラマって少しずつ長期間にわたって観るというのも意外と大事な要素なのかも。


いやいやしかし、久しぶりに爽やかに感動できて良い気分。
前向きになれた気がします。


【キャスト】
篠村悦子:鈴木杏
関野浩之:錦戸亮
中田三郎:田口淳之介
矢野利絵:相武紗季
菊池多恵子:岩佐真悠子
中崎敦子:佐津川愛美
中浦真由美:藤本静
大野仁美:石田ゆり子
大野健:池内博之
福田正一郎:相島一之
篠村法子:浅見れいな
根本緑:友近
篠村友子:市毛良枝
根本満:小日向文世
篠村幸雄:大杉漣
〔Amazon商品紹介より抜粋〕

posted by マコ | 20:44 | 映画・DVD | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:44 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mako1105703.jugem.jp/trackback/902
トラックバック