CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS
BlogPeople
BlogPeople
Search this site


ワールドワイドに垂れ流す内向き備忘録。
<< さらば | TOP | フライトプラン(Sean Bean編) >>
フライトプラン
※激しくネタバレを含みます。ご注意ください。

FLIGHTPLAN

 最新鋭のジャンボ旅客機の機内で、女性航空機設計士カイルの6歳の
少女が姿を消した。最愛の娘を必死で捜索するカイル(ジョディ・フォスター)
――だが、乗務員にも乗客にも、娘を見たという者は一人いない。
それだけではない。彼女の痕跡は完全に消し去られ、荷物や
航空券はおろか、搭乗記録すら存在しないのだ! いったい何故・・・?
 容疑者は、400人を越える乗務員と乗客のすべて。
手がかりは、ゼロ――だが、カイルには娘への限りない愛と、
この旅客機のシステムについての豊富な知識があった。
見えざる邪悪な陰謀に立ち向かうため、カイルのたった一人の戦いは始まる。
高度1万メートルの《密室》は今、史上最悪の《戦場》と化した!

(以上、日本版公式サイトより抜粋)

公式サイトさん、日本語チョットオカシイ・・・?
カイルの6歳の少女・・・ってなんかヘンじゃない??
「越える」じゃなくて「超える」だと思うんですが。
まー、そんな小さなことは気にしない気にしない!
本編はもっとオカシイからね。

+ + + + + + + +

ある黒人乗務員はつぶやきました。

「信じられない――」


まったくだ。


そして最後に乗客の誰かがつぶやきました。

「すごい母親だ――」


まったくだ。


この2つの台詞がこの映画の全てです。

あのねお母さん、やりすぎ(笑)


ヒステリックに機内を駆け回り、

罪無きアラブ人に食ってかかり、
配線いじって機内は大パニック、
人の車は壊しちゃうし、

全然違う土地に緊急着陸させちゃうし、
他の乗客はイイ迷惑ですね。 ┌|´д`|┐
いや・・・イイ迷惑どころの騒ぎじゃないんですけどね。

とりあえずアラブの紳士には謝っとこう、お母さん。
国際問題だから、それ。


お母さんも無計画でやりすぎだけど、
犯人は犯人でこれまた無計画。
あそこまで事が運べたのはラッキーとしか言いようが・・・
ねぇ犯人さん、お金は振り込まれたんだからさ、、、
あそこで機に戻らずにスイッチ押しちゃえば・・・


+ + + + + + + +

『乗客全員が容疑者』とうたってるだけあって
常識では考えられないレベルでおかしい乗客・乗務員の皆様。
(普通だったら娘を目撃したって人が少なからず居るはずだよ・・・)
  ↓
絶対に娘は居る!娘と乗った!とブチ切れるお母さんに対し、
「見てない」から「搭乗記録がない」とまで発展する周りの意見。
  ↓
あまりに食い違いすぎる両者の主張。
普通だったら主人公側を信じるところなんだろうけど、
あれだけの異常なヒスを見せられるとお母さん側も疑わしい(笑)
  ↓
どっちを信じたらいいのか全くわからずオロオロする私。

・・・って、推理焦点がうまく定まらない気持ち悪さは
結構不気味でイイカンジだったと思うんだけどなぁ〜。

犯人が誰かわかってからの展開がね・・・・・・。
そこからが今までの伏線を回収して
まとめていく大事な部分だと思うんですよ。

ハイジャックの動機とか、娘を隠した手口とか、
とにかく犯人側の種あかし的な部分はロクに見せずに
スイッチどーん!

え―――(゛Д゛;)―――!!!!! 

主犯居なくなっちゃってんじゃん!!
いいんですか、主犯消しちゃって!
そんな事したらお母さんが一番悪者になっちゃいますよー(笑)


で、結局 ”窓から見てた2人組”って誰?





―――数々のナゾを残し、シュッとエンドロールに突入・・・





それでいいんですか!? Σ Σ(゛Д゛;)
そんなサスペンスものってアリなんですか!?

+ + + + + + + +

で。最終的な感想。
びっくりしました。(色んな意味で)

内容は矛盾だらけだけど、話の運び方としては派手なので
何も考えずに観る分にはよろしいかと思います。
ツッコミ体質の人なら絶対退屈しません(笑)

個人的には飛行機の内装がとても好みだったので
それだけでも良かったかな、と。
話の内容以外の部分にも目を向けられる人が勝つ映画だね!
(勝ち負けの問題?)

あえてフォローを入れるならば――
矛盾点挙げだしたらキリがないから、観た人同士で
ツッコミあら探し大会で盛り上がれること請け合い★

ってところでしょうかね・・・
犯罪計画がムチャクチャすぎて模倣犯が現れなさそうなところもか。


あれ、これフォローになってる?


posted by マコ | 01:52 | 映画・DVD | comments(2) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 01:52 | - | - | - |
コメント
あっ!観てこられたんですね!
私はまだ未見なんですが、予想以上に
「ある意味面白い」映画。なんですね?笑。
最初、記事を読もうかどうしようか迷ったのですが、
最終的にショーン氏目当てで行くので、読みました。笑。
私も早く行かなきゃ!
2006/02/07 20:36 by jag
>jagさん
ええ、ストーリーの荒っぽさも粗っぽさも予想以上。
そしてショーンも予想以上・・・(笑)

一緒に観に行った先輩はなんだか納得いってなかったようですが、
私としては結構アリな映画でしたよー
「サスペンス」としての部分に期待していくと
ガッカリするかもしれませんのでご注意!
2006/02/07 22:43 by マコ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mako1105703.jugem.jp/trackback/80
トラックバック
2006/02/06 10:11
 密室の事件を舞台に濃密な心理サスペンスが描かれてるかと期待すると、肩透かしをくらいます。むしろジョディフォスターを素材にしたスーパーなお母さんのアクション物って空気。舞台が架空の超巨大飛行機という設定はおもしろけど、物語のキーである謎解きが、なんと
シネマ・ぶりざーど
2006/02/07 00:41
といっても、見たの事態は、けっこう前なんですけどね…(汗。先行だったし) しかし
粉雪の映画をもっと楽しくするシネマニア
2006/02/09 04:28
サホド期待もせずおきらくに鑑賞。
日々の戯言
2006/02/15 20:37
 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」
ANQ Ritzberry Fields
2006/02/19 23:34
『フライトプラン』 2005年アメリカ(98分) 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ジョディ・フォスター    ピーター・サースガード    ショーン・ビーン    マーリーン・ローストン    エリカ・クリステンセン
WILD ROAD
2006/03/28 21:03
最新鋭ジャンボ旅客機という密室を舞台にしたアクション・サスペンス。 主演は、実生活でも2児の母であるジョディ・フォスターが、 最愛の娘のために命を懸ける母親役を鬼気迫る演技は必見。 あまりに臨場感のあるリアルな設定に、客室乗務員協会(AFA)が 映画のボイコ
噂の情報屋