CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS
BlogPeople
BlogPeople
Search this site


ワールドワイドに垂れ流す内向き備忘録。
<< 赤い財布 | TOP | 龍潭寺もなか&遠州綿紬はんかち >>
ありがとう

JUGEMテーマ:セキセイインコ

 

2017年2月12日 23時25分

我が家のセキセイインコがあの世に旅立ちました。

 

一週間経って、気持ちがほんの少し落ち着いてきたので

上手くまとめられないけれど今の思いを残しておこうと思います。

 

 

2008年の2月生まれだそうなので、9歳。死因はおそらく老衰。

最期の一週間くらいは本当にしんどかっただろうに彼は頑張った!偉かった!

 

日曜日の夜、家族全員が居る時に旅立っていきました。

最期の日が日曜日で良かった。

迷惑だったかもしれないけど、一日中そばに居られて本当に良かった。

私の耳元に身体を埋めて寝ていたこの日の彼の暖かさをずっと覚えておくにはどうしたらいいのだろう。

いつまでも引き摺って忘れられないのは良くないけど、かといって忘れてしまうのも寂しいジレンマ。

 

亡くなった翌日、2月13日。

父と母が素焼きの鉢を買ってきて、プランター葬。

魂はもう居ないのに肉体だけはそばに居るという不思議な感じ。

そして私は仕事帰りに彼をイメージした(とはお店の人には言えなかったけど)ブーケを買って帰宅。

 

 

黄色のラナンキュラスで毛の折り重なった感じ、白いカーネーションでもふもふした毛の感じを表現。

緑色もお店にある中で一番近い色味をチョイス。

サッと入ったお店でサッと決めたにしてはかなり良いチョイスだと自画自賛しておこう。

 

↓イメージ元。

 

 

撮影日2010年10月11日。

つい最近かと思っていたらえらく昔だった・・・!

 

 

気持ちが落ち着いてきたとはいえ、まだまだ気持ちの整理はついていない。

『ありがとう』と無理矢理そう思おうとしている節がある。

そこまで大人になれていない駄目な自分が居ます。

正直なところ最期の日にずっと思っていた『おいて行かないで』という気持ちがまだ残ってる。

いや、そう言われても連れていきようがないがなーーとは理解しています。さすがに。

 

心にぽっかり穴が開いた状態で何も考えられないというか、

決して忘れることはないけど、今は思い出すことも出来ないという無の状態で、

日常生活に支障をきたさない程度に落ち込みを小出しにして、気持ちに蓋をしているとも言える。

今思い出すと涙しか出ないもんなぁ・・・いい思い出だったと完全に昇華できるまでにどのくらいかかるんだろう。

 

そんなこんなで、ふわふわしたままあっという間に一週間経過。

今日は彼の写真の整理をしようと思いましたが、前のPCとその前のPCにデータ入れっぱなしだったことに気付き、

彼との生活がPC3世代に跨っていたのかと9年弱の年月の長さを思い知りました。

あぁもう本当に長生きしてくれたな!ありがとう!

 

またいつかどこかで巡り合えますように・・・!

 

 

posted by マコ | 22:26 | いんこ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:26 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mako1105703.jugem.jp/trackback/1473
トラックバック